Promiseを活用する

ここまでで、XHRを使ってAjax通信を行い、サーバーから取得したデータを表示できました。 最後に、Promiseを使ってソースコードを整理することで、エラーハンドリングをしっかり行います。

関数の分割

まずは、大きくなりすぎたgetUserInfo関数を整理しましょう。 この関数では、XHRを使ったデータの取得・HTML文字列の組み立て・組み立てたHTMLの表示を行っています。 そこで、HTML文字列を組み立てるcreateView関数とHTMLを表示するdisplayView関数を作り、処理を分割します。

また、後述するエラーハンドリングを行いやすくするため、アプリケーションにエントリポイントを設けます。 index.jsに新しくmain関数を作り、その中でgetUserInfo関数を呼び出すようにします。

function main() {
    getUserInfo("js-primer-example");
}

function getUserInfo(userId) {
    const request = new XMLHttpRequest();
    request.open("GET", `https://api.github.com/users/${userId}`);
    request.addEventListener("load", (event) => {
        if (event.target.status !== 200) {
            console.log(`${event.target.status}: ${event.target.statusText}`);
            return;
        }

        const userInfo = JSON.parse(event.target.responseText);

        const view = createView(userInfo);
        displayView(view);
    });
    request.addEventListener("error", () => {
        console.error("Network Error");
    });
    request.send();
}

function createView(userInfo) {
    return escapeHTML`
    <h4>${userInfo.name} (@${userInfo.login})</h4>
    <img src="${userInfo.avatar_url}" alt="${userInfo.login}" height="100">
    <dl>
        <dt>Location</dt>
        <dd>${userInfo.location}</dd>
        <dt>Repositries</dt>
        <dd>${userInfo.public_repos}</dd>
    </dl>
    `;
}

function displayView(view) {
    const result = document.getElementById("result");
    result.innerHTML = view;
}

XHRをPromiseでラップする

次に、getUserInfo関数で行っているXHRの処理を整理します。 これまではXHRのコールバック関数の中で処理を行っていましたが、これをPromiseを使った処理に書き換えます。 コールバック関数を使うと、ソースコードのネストが深くなったり、例外処理が複雑になったりします。 Promiseを用いることで、可読性を保ちながらエラーハンドリングを簡単に行えます。

コールバック関数を使う形式のAPIをPromiseに置き換えるのは、次のコードのようにnew Promise()を用いるのが一般的です。 Promiseのコンストラクタには、resolverejectの2つの関数オブジェクトを引数とする関数を渡します。 ひとつめの引数は非同期処理が成功したときに呼び出す関数で、ふたつめは失敗した時に呼び出す関数です。

new Promise((resolve, reject) => {
    // ここで非同期処理を行う
});

Promiseのコンストラクタに渡す関数で、XHRの処理を行います。 作成されたPromiseは成功か失敗のどちらかで完了させなければなりません。 非同期処理が成功したら第1引数のresolve関数を、失敗なら第2引数のreject関数を呼び出します。

作成したPromiseのオブジェクトをreturnすることで、getUserInfo関数はPromiseを返す関数になりました。 getUserInfo関数がPromiseを返すことで、それを呼び出すmain関数の方で非同期処理の結果を扱えるようになります。

function getUserInfo(userId) {
    return new Promise((resolve, reject) => {    
        const request = new XMLHttpRequest();
        request.open("GET", `https://api.github.com/users/${userId}`);
        request.addEventListener("load", (event) => {
            if (event.target.status !== 200) {
                console.log(`${event.target.status}: ${event.target.statusText}`);
                reject(); // ステータスコードが200じゃないので失敗
            }

            const userInfo = JSON.parse(event.target.responseText);

            const view = createView(userInfo);
            displayView(view); 
            resolve(); // 完了
        });
        request.addEventListener("error", () => {
            console.error("Network Error");
            reject(); // 通信エラーが発生したので失敗
        });
        request.send();
    });
}

エラーハンドリング

このままではPromiseに置き換えた意味がないので、Promiseを使ったエラーハンドリングを行いましょう。 Promiseのコンテキスト内で発生したエラーは、Promise#catchメソッドを使って一箇所で受け取れます。 次のコードでは、getUserInfo関数から返されたPromiseオブジェクトを使い、エラーが起きた時にログを出力します。 reject関数に渡したエラーはcatchのコールバック関数で第1引数として受け取れます。

function main() {
    getUserInfo("js-primer-example")
        .catch((error) => {
            console.error(`エラーが発生しました (${error})`);
        });
}

function getUserInfo(userId) {
    return new Promise((resolve, reject) => {    
        const request = new XMLHttpRequest();
        request.open("GET", `https://api.github.com/users/${userId}`);
        request.addEventListener("load", (event) => {
            if (event.target.status !== 200) {
                reject(new Error(`${event.target.status}: ${event.target.statusText}`));
            }

            const userInfo = JSON.parse(event.target.responseText);

            const view = createView(userInfo);
            displayView(view); 
            resolve();
        });
        request.addEventListener("error", () => {
            reject(new Error("ネットワークエラー"));
        });
        request.send();
    });
}

Promiseチェーンへの置き換え

PromiseはPromise#thenメソッドを使うことで、複数の処理の連鎖を表現できます。 複数の処理をthenで分割し、連鎖させたものを、ここではPromiseチェーンと呼びます。 基本的に、thenはコールバック関数の戻り値をそのまま次のthenへ渡します。 ただし、コールバック関数の戻り値がPromiseである場合はその完了を待ち、Promiseの結果の値を次のthenに渡します。 つまり、thenのコールバック関数が同期処理から非同期処理に変わったとしても、次のthenが受け取る値の型は変わらないということです。

Promiseチェーンを使って処理を分割する利点は、同期処理と非同期処理を区別せずに連鎖できることです。 一般に、同期的に書かれた処理を後から非同期処理へと変更することは、全体を書き換える必要があるため難しいです。 そのため、最初から処理を分けておき、処理をthenを使って繋ぐことで、変更に強いコードを書くことができます。 どのように処理を区切るかは、それぞれの関数が受け取る値の型と、返す値の型に注目するのがよいでしょう。 Promiseチェーンで処理を分けることで、それぞれの処理が簡潔になりコードの見通しがよくなります。

さて、今のgetUserInfo関数ではloadイベントのコールバック関数でHTMLの組み立てと表示も行っています。 これをPromiseチェーンを使うように書き換えると、次のようにできます。 getUserInfo関数では、resolve関数にuserInfoを渡し、次のthenでコールバック関数の引数として受け取っています。 同じように、userInfoを受け取った関数はcreateView関数を呼び出し、その戻り値を次のthenに渡しています。

function main() {
    getUserInfo("js-primer-example")
        .then((userInfo) => createView(userInfo))
        .then((view) => displayView(view))
        .catch((error) => {
            console.error(`エラーが発生しました (${error})`);
        });
}

function getUserInfo(userId) {
    return new Promise((resolve, reject) => {    
        const request = new XMLHttpRequest();
        request.open("GET", `https://api.github.com/users/${userId}`);
        request.addEventListener("load", (event) => {
            if (event.target.status !== 200) {
                reject(new Error(`${event.target.status}: ${event.target.statusText}`));
            }

            const userInfo = JSON.parse(event.target.responseText);
            resolve(userInfo);
        });
        request.addEventListener("error", () => {
            reject(new Error("ネットワークエラー"));
        });
        request.send();
    });
}

ユーザーIDを変更できるようにする

仕上げとして、今までjs-primer-exampleで固定としていたユーザーIDを変更できるようにしましょう。 index.htmlに<input>タグを追加し、JavaScriptから値を取得するためにuserIdというIDを付与しておきます。

<html lang="en">
    <head>
        <meta charset="utf-8">
        <title>Ajax Example</title>
    </head>
    <body>
        <h2>GitHub User Info</h2>

        <input id="userId" type="text" value="js-primer-example">
        <button onclick="main();">Get user info</button>

        <div id="result"></div>

        <script src="index.js"></script>
    </body>
</html>

index.jsにも<input>タグから値を受け取るための処理を追加すると、最終的に次のようになります。

function main() {
    const userId = getUserId();
    getUserInfo(userId)
        .then((userInfo) => createView(userInfo))
        .then((view) => displayView(view))
        .catch((error) => {
            console.error(`エラーが発生しました (${error})`);
        });
}

function getUserInfo(userId) {
    return new Promise((resolve, reject) => {    
        const request = new XMLHttpRequest();
        request.open("GET", `https://api.github.com/users/${userId}`);
        request.addEventListener("load", (event) => {
            if (event.target.status !== 200) {
                reject(new Error(`${event.target.status}: ${event.target.statusText}`));
            }

            const userInfo = JSON.parse(event.target.responseText);
            resolve(userInfo);
        });
        request.addEventListener("error", () => {
            reject(new Error("ネットワークエラー"));
        });
        request.send();
    });
}

function getUserId() {
    const value = document.getElementById("userId").value;
    return encodeURIComponent(value);
}

function createView(userInfo) {
    return escapeHTML`
    <h4>${userInfo.name} (@${userInfo.login})</h4>
    <img src="${userInfo.avatar_url}" alt="${userInfo.login}" height="100">
    <dl>
        <dt>Location</dt>
        <dd>${userInfo.location}</dd>
        <dt>Repositries</dt>
        <dd>${userInfo.public_repos}</dd>
    </dl>
    `;
}

function displayView(view) {
    const result = document.getElementById("result");
    result.innerHTML = view;
}

function escapeSpecialChars(str) {
    return str
        .replace(/&/g, "&amp;")
        .replace(/</g, "&lt;")
        .replace(/>/g, "&gt;")
        .replace(/"/g, "&quot;")
        .replace(/'/g, "&#039;");
}

function escapeHTML(strings, ...values) {
    return strings.reduce((result, string, i) => {
        const value = values[i - 1];
        if (typeof value === "string") {
            return result + escapeSpecialChars(value) + string;
        } else {
            return result + String(value) + string;
        }
    });  
}

アプリケーションを実行すると、次のようになります。 要件を満たすことができたので、このアプリケーションはこれで完成です。

完成したアプリケーション

results matching ""

    No results matching ""